内科・内視鏡・小児科・外科

内科の診療・消化器内視鏡について

症状が出てはじめに受診する医療機関として内科診断学を基本に幅広く対応します。
発熱、咳、咽頭痛を呈するいわゆる風邪、腹痛や胸痛などの急性疾患、また高脂血症などの慢性疾患に対応します。
内科・消化器外来、内視鏡外来、腎臓外来として専門の医師(非常勤)が診療を行います。

内科・消化器内視鏡担当医師:大和 彩乃
腎臓担当医師:清水 章

その他、より専門性の高い疾患は適切な診療科への紹介を行っています。

内科に関わる症状

発熱、咳、腹痛、胸痛、急性疾患、高コレステロール血症 、慢性疾患

診療内容

問診、視診、触診、尿検査、胸部レントゲン検査、心電図検査、上部・下部消化管内視鏡検査

小児科の診療について

発熱、せき、下痢、嘔吐、発疹、紫斑などの急性症状、小児内科一般
喘息、慢性疾患
ソケイヘルニア(脱腸)、臍ヘルニア、停留睾丸や体表奇形など、小児外科的医療相談

小児科に関わる症状

発熱、咽頭痛、咳、下痢、嘔吐、腹痛、発疹などの急性症状

診療内容

問診、視診、触診、聴診
予防接種に関しては時間を設けて対応しています。お問い合わせください。
子供医療費受給者証・その他の受給者証をお持ちであれば、健康保険証と共にご用意ください。

外科の診療について

軽度の外傷(擦り傷、切り傷)の処置、巻き爪に対する外科的形成、おできなどの切開・排膿、皮膚腫瘤の切除
※打撲・骨折は整形外科専門医受診をお勧めします。

提携しているその他の病院